ホーム > 指導者紹介

指導者紹介

指揮/合唱指導:辻 秀幸

幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京芸大声楽科及び同大学院独唱科修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。1985年イタリアのミラノを中心にヨーロッパへ音楽遊学。L.グゥアリーニ女史、F.タリアヴィーニ、H.リリンクの各氏に師事。1986年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。ドイツのハイデルブルク、ウィーン楽友協会大ホール他、数都市でベートーヴェン“第9”のソリストを務め、ヨーロッパの主要都市でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心に各地でユニークなリサイタル活動を展開し、オペラでは古典から現代に至るまで、数多くの作品に出演し、その優れた演技力と歌唱は、新聞・音楽誌上でも度々絶賛された。宗教音楽の演奏家としての活躍は特に目覚ましく、バッハ・ヘンデル・ハイドンの宗教曲・オラトリオの演奏では、ソリスト・エヴァンゲリスト・また指揮者として、その活動は常に注目を集めている。現在指導に当たっているアマチュア合唱団は十数団体を数える。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座』『フィガロの結婚発音講座』がある。
洗足学園音楽大学客員教授 ぐるーぷ・なーべ幹事 日本合唱指揮者協会理事 アンサンブルBWV2001メンバー iARTS理事 アットプリモ同人。
文京シティ・コアでは創立以来定期演奏会を指揮している。

練習指導者:望月 あさ子

東京学芸大学教育学部音楽科声楽専攻卒業。声楽を竹沢喜明、大野徹也、発声法を高橋康人、合唱法、指揮法を伊藤栄一、各氏に師事。
現在多くの合唱団のヴォイストレーナーとして活動中。
日本音楽高等学校非常勤講師。

練習指導者:宮腰 敬一

東京都出身。明海大学日本語学科卒業。神田外語大学大学院中退。尚美学園大学声楽コース卒業。
クロスロード・アカデミー・コアおよび声楽アンサンブル The Songsters メンバー。
尚美学園大学 新・音楽集団「匠」指揮者。洗足学園音楽大学演奏補助要員。

練習ピアニスト:田城 章子

東京学芸大学教育学部音楽科ピアノ専攻卒業。同大学院修士課程修了。浅井雅子、黒川文子、平田小百合の各氏に師事。水戸芸術館開館記念コンサートに出演。1990年茨城県芸術祭にて特賞受賞。現在合唱団数団体のピアニストとして、主にバッハを中心とする宗教音楽の伴奏をする機会を得ている他、ピアノ指導、ソロ、アンサンブル、伴奏等で幅広く活動している。東京学芸大学非常勤講師。

ドイツ語指導:村田 インゲボルク

北ドイツの木組みの家の街並みで有名なツェレの出身。ボン大学で日本学を学ぶ。
ドイツ文学者故村田経和氏と結婚、来日。NHKラジオ・TVのドイツ語放送に出演。
独協大学・成蹊大学などで講師を歴任。ドイツ語辞書やテキストなどの編纂に従事。
一方育児をこなしながら、合唱団員として活躍し、これまでにバッハのマタイ受難
曲・ヨハネ受難曲・ミサ曲ロ短調・クリスマスオラトリオを初め、シュッツ、モーツアルトなど数々の名曲を歌っている。
先年、辻秀幸氏の指揮でバッハのモテットを歌い、その縁で文京シティ・コアでドイツ語の指導をいただくこととなった。
現在はタレントとしても活躍しTVドラマ「マッサン!」ではエリーの母親役ローズマリーを演じた。

ホーム > 指導者紹介

Page Top